結納

両家顔合わせの服装

woman

両家顔合わせにふさわしい服装って?

両家顔合わせの服装で大切なのは「服装のレベルを合わせる」こと
フォーマル・カジュアルどちらの場合でも、お互いの両親にどういう服装で行くか、二人を通じて確認しておきましょう。

「私の父はスーツにネクタイ、母はブラウスとセレモニースーツで来ると言ってたよ」
「両親が堅苦しい雰囲気が苦手だから、父はジャケットにチノパンでノーネクタイ、母はブラウスとパンツにしたいそうなんだけど、そちらのご両親はどうかな?」
と、具体的な服装を言えば、イメージが伝わりやすいですよ。

ここでは本人、両親、兄弟姉妹の具体例をイラスト付きでご紹介します!迷ったら参考にしてみて。

女性の服装

淡い色のワンピースが断然オススメ。ひざ丈かひざ下丈で、五分袖または長袖が上品な印象です。カーディガンやノーカラージャケットを合わせてもOK。
カジュアルな場合はブラウス+ひざ丈スカートや、ブラウス+パンツスタイルでも○。
妊婦の場合は、おなかのラインを自然に隠してくれるマタニティ向けのワンピースを準備して。

服装

和装の場合は?
「訪問着」「色無地紋付」「色留袖」がオススメ。「略礼装」なので、顔合わせにもぴったりです。「振袖」は「第一礼装」といって最もフォーマルな服装になるので、その場合は彼を通じて彼のご両親の了承を得ておくようにしましょう。

男性の服装

ブラックスーツかダークスーツが一般的。白または淡い色のシャツ、派手すぎないネクタイを合わせましょう。
派手なネクタイや濃い色のシャツは、オフィスではOKでも、食事会にはふさわしくありません。「オシャレ感よりきちんと感」を心がけて。
アットホームな食事会なら、ジャケット+チノパンのいわゆる「ジャケパン」スタイルで。この場合もシャツは白または淡い色がオススメです。

母親の服装

ブラウス+セレモニースーツ、ワンピース+ジャケットが理想
色は白やベージュなどの淡い明るい色がオススメです。紺色や黒でもいいですが、男性陣がダークスーツを着ることが多いので、母親は明るい色の方が場が華やぎます。ただし、主役はあくまでも新郎新婦なので、派手な色は避けましょう
パールのネックレスを付けると特別感が増しますね。

もし結婚する女性が和装なら、母親も着物を着るのもいいです。このとき、「第一礼装」にするか「略礼装」にするかよく話し合っておきましょう。

カジュアルスタイルなら、ブラウスにスカート、ワンピースのみでもOKです。パンツスタイルにするなら、トップスは女性らしいデザインのものにすると良いでしょう。

父親の服装

男性と同じく、スーツが一般的です。ネクタイは白やシルバー、薄いグレーを選ぶ人が多いです。
「気軽に楽しく」といった食事会なら、ジャケパンスタイルでも○。その場合は必ず本人を通じて、相手の父親と確認し合っておきましょう。ノーネクタイで行く場合でも、ネクタイを持参しておくと安心です。

姉妹や兄弟の服装

両親と同じように考えましょう。学生の場合は、制服でもOK。ただし、制服を着る場合でもスニーカーは避け、ローファーなど革靴を履くようにしましょう。
姉妹の場合は、ヘアスタイルやメイク、アクセサリーも本人より派手にならないように気を付けて。パンツスタイルを選んでもOKです。

(ここにイラスト:制服・ローファーの男子高校生、きれいめなパンツスタイルの女性)

ポイント:両家の両親はどんな食事会にしたい?それを聞いて服装を決めよう!
まず両親に、「どんな雰囲気の顔合わせにしたいか」を聞いてみましょう。そして二人を通じて両家の意向をすり合わせ、服装を考えていくといいでしょう。

ホテルメトロポリタン花むさし
 参照:ホテルメトロポリタン花むさし

服装のレベルが揃っていると、それだけで「お相手の家と価値観が合いそう」と印象が良くなります。事前にしっかりすり合わせして、顔合わせ食事会を成功させましょう。